シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

日本の超少子超高齢がこのまま進んだら、どうなるか?

どんもっす。

 

過去の記事で、日本は超少子超高齢社会になっていると書きました?

syaa-sennnyou-neko.hatenablog.com

 

んで、このまま手をこまねいて2050年を迎え、0~14歳の人口が1000万人を切って、高齢化率が40%を超えたら、日本国内はどうなるか??

・ほとんどの小中高が統廃合される

・私立大学のほとんどがなくなる

・対海外的に有名でない国立大学もなくなる

・県レベルでの統廃合が起きる

・公園から遊具がなくなり、ほとんどの公園がゲートボール場になる

・アイドルの平均年齢が上がる。60歳アイドルユニットとかできそう

・職業の選択肢がほとんどなくなる。特に教師系の需要が相当減る。対して、介護関係の需要が相当増える

・定年退職の年齢が上がる。もしくは定年という概念がなくなる

年金問題とか、社会保障費とか…

 

………と書いていたら、無限にでてきそうなのでこの辺でやめておきます。

 

要は、子供にとって住みづらく、老人にとって住みやすい社会になるってことですね(当然ですが)。

 

これって、60代以下の世代にとっては結構きついと思います。

 

例えば、テーマパークのジェットコースターなんかもなくなって、SL機関車ノスタルジーみたいなアトラクションが開発されたりね。

5km/hで園内周遊します!! 昔の夢よ、もう一度!!とかね。

 

 

また、老人は基本的に行動が遅いので色んな所で渋滞が起きてそう。

 

この前、自動販売機でとある老夫婦が飲料水を買おうとしていたのですが、二人合わせて3分ほどかかっていました。

これ、なんとなく眺めていたんですけど、体感的には相当長かったですよ。

10分くらいたった?って思うくらい。

普通なら、自動販売機に要する時間なんて10~20秒程度でしょう。

その10倍近い時間かかってましたから。

 

何をするかに悩んで、財布出すのに時間かかって、小銭出すのに時間かかって、小銭を自販機に入れるのに時間かかって、小銭が下から出てきたのに気付かずに、ボタン押して、「あれ? 出てこんぞ?」みたいなことやって、下から出ていることにようやく気付き、小銭とるのに時間かかって、小銭を自販機に入れるのにまた時間がかかって、そこからなぜかまた選んで… 

これを×2やってましたから。

 

うむむー、って感じ。

 

某掲示板でも、高齢者の行動の遅さを揶揄して、ATMでyoutubeニコニコ動画が見れるの?っていう類のスレッドが立つくらいですから。

 

今現在は商品を買う側だけが高齢化しているのでまだましですが、将来的には販売側も高齢化していきますよね。

年金なんかもらえませんから、平均寿命の80歳くらいまでなんらか稼ぐ必要があります。

店員やアルバイトなんかにも相当数高齢者が雇われることでしょう(2050年ごろにどういう職種があるのかはまた別問題なので、ここでは触れません)。

 

そうなると、若者にとっては非常に退屈というかストレスフルな社会になりますよね。

このころの若者であれば、幼いころから外国語を習得している(あるいは翻訳こんにゃくができている)だろうから、海外に移住するのも苦じゃなさそう。

日本を見限って、海外で暮らそうとする若者が増加しそうですね。

 

そうなると、ますます高齢化が進むことに…

まさに負のスパイラルですね。

 

2050年ごろにはあっちでヨボヨボ、こっちでヨボヨボ…

50歳くらいが若者とか言われてても不思議じゃないです。

50歳で退職、起業して第二の人生頑張るぞ!! みたいな。

 

2060年ごろの見通しまでたっているのに、全く解決しそうにないこの問題。

一体どの段階で、政府なり、日本国民なりが本気で危機感を感じて、本気で対策をとるのか、見ものです。

 

どこかのタイミングで、移民大量受け入れとかやるのだろうか?

外国人専用の県とかできそうだな。