シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

千葉県、高2女子の偽札使用の事件は犯罪心理学について考える好例だと思われる

どんもっす。

 

皆さん、こちらの事件をご存知でしょうか??

高2女子「自宅で2千円札コピー」 偽札使用の疑いで逮捕 千葉 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 

詳細はこちら?

千葉県の県立高校2年の女子生徒(17)は先月29日、千葉市内のコンビニ店で偽の2千円札で買い物をした疑いが持たれています。警察によりますと、売上金を確認していた店長が色や厚みの違いに気付き、防犯カメラを調べたところ、女子生徒が偽札を支払う姿が映っていました。偽札は本物の表と裏をそれぞれカラーコピーして、のりで貼り合わせたものでした。

※犯罪はいけません!! 良い子は真似しないように!!!

 

犯罪行為の稚拙は抜きにして、これって相当面白い事件だと思いませんか?

犯罪心理学の観点から言っても、トップレベルの凡例になると思うのですが…

いかがでしょう?

 

この手の犯罪は、詐欺罪に含まれると思いますが、女子高生は恐らく

・普段の流通量が少ない二千円札なので、ばれないだろう

という判断で二千円札を選んだのだと思います。

 

結果、犯罪行為があまりにも稚拙なので、ばれてしまったわけですが、これは結構議論の余地があると思います。

というのも、私が疑問に思うのは、

・流通量の少ない二千円札を選んだことが果たして最適だったのか?

 

ということです。

 

確かに、流通量の少ない二千円札を選んだ点では、高校生にしてはやるな!と拍手を送りたいです。

んが、流通量が少ない二千円札だと、レジで受け取った方がマジマジと確認してもおかしくないですよね?

 

「へー、今どき、二千円札かー。どんな絵柄だったっけ?」

みたいな感じで観察されてもおかしくないです。

 

受け取った側が高校生とかだと、初めて目にしてもおかしくないので、店長とかに確認されそう(笑)。

「店長ー、なんか二千円とか持ってきてる人いるんですけどー。なんすか、これ?」

みたいな感じで。

こんな場面に、偽札もって出くわしたら、ドキドキじゃないですか??

 

流通量の少ないものであればあるほど、当然ですが、確認されますし注目を集めます。

但し、確認する方もうろ覚えなので、偽札だとは気づかれにくいです。

それに対して、例えば1000円札や10000円札であれば、珍しくもなんともないので、よほどおかしな点がない限り誰も気にも留めません。

 

※今回の件はあまりにもお粗末な偽造だったのでばれましたが…

 

犯罪心理学的には、どちらが優位なんでしょうかね?

いや、もちろん犯罪なので、どっちもだめですけど、

①流通量の少ない二千円で、注目を集めながら勝負するのか?

②流通量の多い千円札や一万円札で、勝負するのか?

 

クオリティーの高いものを準備できる自信があるなら、断然②ですね。

ほんのちょっとの違和感に気づく人なんて少数でしょう。

特に、忙しいレジなんかに持って行ったら、余計ばれなさそう(笑)

 

逆にクオリティーが低いものしか準備できなさそうであれば、①ですかね。

比較対象が少ないので、こんなんだったっけ?で終わります。

まあ、今回の件、色や厚みが違うという、お粗末な理由でばれてます(笑)

 

※このブログは犯罪を助長するものではありません! 念のため。

 

流通量が少ないが故にばれにくいのか、流通量が少ないが故にばれやすいのか、どちらが優位なのか、ぜひとも犯罪学に携わっていらっしゃる方々で議論していただきたいところです。

 

二千円札は流通量そのものは少ないですが、レジのキャッシャーの下とかに隠し持っている店舗は、実は幾らでもあります。

↑この観点から、私としては、やはり二千円札で勝負をかけるのは不利な気がします。

 

店側が二千円札を何かの装置に通したら、一発で偽札だとわかります。

二千円札を持っていて、なおかつ普通に使う人間なんて、希少中の希少派ですから、言い逃れも難しそうです。

狭いエリアで使っていたら、速攻でばれそうです。

だからといって、広いエリアで使うにはコストパフォーマンスが悪すぎます。

 

ですので、偽札を用意するなら、一万円札にしましょう!!

※※何度も言いますが、このブログは犯罪を助長するものではありません! 念のため。

 

ま、結論としては、お天と様はちゃんと見ているので、犯罪はあかん!!ってことですね。

↑上手くまとめたつもり。

 

 

話は少し変わります。

高校生でこのような行為に走るというのは………

 

私も高校生だった時があるからわかるのですが、この時期が一番欲しいものが手に入りにくい時期です。

これが、中学生だとそこまで欲がない、ってなるし、大学生だとアルバイトなどである程度自己資金があるから自分で買える、ってなります。

社会人だといわずもがなです。

 

ですので、欲しいものは多いのに、お金を稼ぐ手段が限られている高校生たちがこういう行為に走る理由は痛いほどわかります。

特に女子高生だと最強のブランドですから、その気になればお金なんて簡単に稼げます。

特に今はSNSなどで、本当に簡単に稼ぐことができます。

んが、それは破滅の道です。

 

今回の件と、例えば体を売ってお金を稼ぐ女子高生はどちらがまともなのか?

私にはわかりません。

どちらも異常だとは思いますが、気持ちもわかります。

一つ言えるのは、そうなるように仕向けているのは、我々大人であるのは間違いない、ということです。

 

世の親御さんたちは、ぜひとも、年頃の息子、娘さんがいらっしゃるのであれば、目をかけてあげてほしいと思います。

こんなくだらない犯罪で、あるいはお金目当てで、人生を棒に振らないように。

子供たちが、こういった犯罪や体を売るといった行為に走るその心理をよくよく理解し、防止に努めてあげてください。

 

最後に私の知人の名言を

「親の愛情を一身に受けて育った子供は、どんなことがあろうとも道を踏み外すようなことは決してしない」

 

んでは、今日はこの辺で。