シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

世界の治安が悪い都市Top5と日本を比較してみた

どんもっす。

 

世界の治安の記事が紹介されていました?

最も危険な場所は?世界の治安が悪い都市ランキングTOP50

 

日本は滅茶苦茶治安が良いですから、世界の治安の悪さが中々リアルに想像できません。

この記事でもかなりショッキングな数字が紹介されていますので、全ては無理ですが、Top5くらいは紹介したいと思います。

 

ちなみに、

このたび世界各地の 都市の人口あたりの“殺人発生数” を調査し、数字の高かった上位50都市を “世界で最も治安の悪い・危険な都市” として発表した。8割以上をブラジルやメキシコ、ベネズエラなどの中南米の都市が占める結果がでた

 

とのことです。

何をもってして治安が悪いとするかは賛否両論ありそうですが、この記事では「単位人口あたりの殺人発生件数」をもってして判断しています。

確かに、人口に対して殺人件数が多いと治安は悪いですね。

これは間違いないでしょう。

※但し、赤の他人という条件付きです。

 

 

では、紹介していきます。

 

第5位:マトゥリン(ベネズエラ

・2015年の殺人発生件数: 505

・都市の人口: 584,166

・人口10万人あたりの殺人件数: 86.45

 

ベネズエラは殺人発生率が毎年世界トップクラスで、世界で最も治安が悪い地域として挙げられる。治安を悪化させている要因として、経済状況が芳しくなく失業者や貧困者が多いことが挙げられている。

 

だ、第5位でこの数字!

100万都市に換算すると、平均して1日に2人強、殺人の被害に遭っているということに。

とんでもないな。

1位を見るのが怖くなってきました。

 

 

第4位:アカプルコ(メキシコ)

・2015年の殺人発生件数: 903

・都市の人口: 862,176

・人口10万人あたりの殺人件数: 104.73

 

メキシコ中規模の街アカプルコは海岸沿いに豪華なリゾートや富裕層の別荘が立ちぶ美しい保養地で、主要地区は比較的安全なものの、貧民層が暮らすエリアは外国人に対する犯罪が目立っており十分な注意が必要。

 

メキシコも治安悪いんですねー。

未だに国境付近ではアメリカ側が侵入を抑えようとしているみたいですが…。

こんなに治安悪かったら、逃げたくもなりますね。

 

 

第3位:サンサルバドルエルサルバドル

・2015年の殺人発生件数: 1,918

・都市の人口: 1,767,102

・人口10万人あたりの殺人件数: 108.54

 

エルサルバドルの首都のサンサルバドルは、中米の中でも治安の悪さが際立った都市で、特にホテル街から離れた旧市街は危険だと言われる。もし旅行の際に通過する場合は、夕刻以外は外出を控えるのが鉄則と言われる。

 

うむむー。

夕刻以降に外出を控えるのが鉄則!なんていう地域は通過するのも嫌ですね。

日本人なんかあっという間に拉致されて、お亡くなりになりそうです。

 

 

第2位:サンペドロスーラ(ホンジュラス

・2015年の殺人発生件数: 885

・都市の人口: 797,065

・人口10万人あたりの殺人件数: 115.98

 

青少年凶悪犯罪集団「マラス」をはじめとした犯罪組織が街にはびこり、強盗など凶悪事件が多発している。組織間の抗争に伴う銃撃戦で無関係の住民が巻き込まれる事件も発生。また外国人が殺害されるケースも増えている。

 

青少年凶悪犯罪集団て…。

 

 

第1位:カラカス(ベネズエラ

・2015年の殺人発生件数: 3,946

・都市の人口: 3,291,830

・人口10万人あたりの殺人件数: 119.87

 

治安の悪い事で知られるベネズエラの首都カラカスは、外務省の海外安全ホームページでも「渡航の是非を検討してください」と指定されている。観光でカラカスを訪れる人は少なくバックパッカーも恐れおののく街。同国で起こる凶悪事件の2割はカラカス付近で発生しており、大規模な貧民街がある場所では、違法な銃を使用した殺人などの凶悪事件や強盗が多発。

 

どうですかね、この数字…

2015年の殺人発生件数が、3946件て…。

300万人ちょいでこれです。

 

東京の人口に換算したら、大体一年で16000件!!

一日平均40~50件の殺人事件が起きている計算になります。

日本全体で考えると、一年で160000件起きている計算になり、1日平均400~500件起きている計算。

 

怖いわ!!

 

そこらの地方都市で、2~3日に1回殺人事件が起きると考えると絶対そんな国に住みたくないですね。

 

これ、殺人発生件数、ですからね?

実際には件数以上に殺害されていたり、強盗なりなんなりで、重傷になってる方とかいくらでもいるでしょう。

 

渡航の是非を検討してください!って行かんわ!

ここに旅行気分で行く日本人は相当度胸のある人でしょう。

あるいは、人生を投げているかのどちらか…

 

番外編:ヨハネスブルク南アフリカ

ネットの記事より引用?

・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。 
・女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」 
・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた 
・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた 
・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味

(出典:ニュース速報++ 【南アフリカ】 今ヨハネスブルクでは、ATM爆破が大流行! 警察官も夢中に

 

ここも凄い。

強盗にあう確率が150%て…

1度襲われて、また襲われる確率が50%らしいですよ。

1度は襲われること前提です。

 

単純に殺人発生件数が多い場所意外にも、治安の悪いところは幾らでもありますね。

ってか、ここは殺人発生件数も多そうだけど。

 

 

で、日本の千人当たりの犯罪数ランキングがこちら?

f:id:syaa_sennnyou_neko:20160507200843p:plain

(出典:統計|警察庁

 

この表は殺人、強盗、放火、女性暴行、粗暴犯、窃盗犯、知能犯、風俗犯の認知件数の都道府県ランキングです(2013年版)。

 

※日本の場合、殺人件数だけでは治安の良し悪しは図れません。

殺人の多くが介護疲れなどによる血縁関係によるものだからです。

 

見ての通り、大阪ぶっちぎり…

続いて、福岡、愛知、兵庫、千葉、東京、京都、茨城…となっています。

 

逆に東北、九州(福岡除く)、中部(愛知除く)、中国地方などは治安が良いようです。

 

当たり前の結論ですが、人が一か所に密集すればするほど治安は悪くなる、ってことですね。

 

なお、我が日本は10万人当たりの殺人被害者数が0.3人です。

発生件数は大体年間で300~400件程。

どこかの都道府県で1日に1回くらい起きている計算ですね。

非常に少ない!

 

もう一度、最も危険な地域は、日本の人口換算で1日400~500件です!

とんでもない!

 

しかも、日本は血縁関係での殺人がほとんど(介護疲れとか、遺産とか…)。

通り魔的な殺人は年間を通してほとんど起きていません。

ってか、起きたら100%ニュースになります。

 

なので、日本の治安は数字で見る以上に良いです。

 

ということで、皆さんも海外旅行するときは注意してください。

特に我々日本人なんて、いいカモなので。

知らなかった、では済まされませんよ。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

治安と密接な関係がある、世界の年収編はこちら? 

syaa-sennnyou-neko.hatenablog.com