シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

自分の声を他人そっくりにする技術がついに…

どんもっす。

 

自分の声を他人そっくりに変換できる技術がついに?

自分の声、他人そっくりに 電通大が変換技術開発 :日本経済新聞

 

記事を一部引用します。

電気通信大学の中鹿亘助教は自分の声を簡単に他人の声そっくりに変換できる技術を開発した。最新の人工知能(AI)技術を活用した。録音などがあれば、亡くなった声優の声で新たなアニメ番組を作れるようになる。海外の映画やドラマを吹き替える際に出演している俳優の声そっくりにすることも可能だ 

 

実用化はまだみたいですが、ついにこの時が来たか…というところですね。

技術の進歩は凄まじい。

私なんて、あわわあわあわ?

と慌てふためいております。

 

他人の声まねができる、リアルコナンの時代がもうすぐそこまで来ているということですよ。

 

記事中でも紹介されているように、亡くなった声優の方の声を再現できるというのは非常にメリットとして大きいですね。

VHS時代の映画が地上波でやってたりしますが、声優が変わっててガックシ↷なんてことは結構あります。

これが、お亡くなりになってしまった声優さんの声で復元されたらファンにはたまらんものがありますよね。

これは非常に嬉しいです。

 

初音ミクといったボーカロイドの声ももっといい感じになるんだろうか。

それとも、あれはあれで良いのかしら。

いずれにしろ今後の変化が楽しみです。

 

 

ボイスチェンジにおける犯罪防止をどうするか?

他人の声そっくりに変えることができるのであれば、良からぬことに使う人間が出てくると予想ができるのは自明の理。

体を小さくされてしまった某名探偵は、他人になりすますときに当たり前のように使ってますからね。

あれによって、何人が騙されたことか。

 

これからはこれがリアルに使われるんです。

そう、オレオレ詐欺がより捗るという訳です!

今でこそ老人ぐらいしか騙されていない訳ですが、リアルに声が同じだったら相当数の人間が騙されるのではないでしょうか?

って書いてて思ったのですが、どうやって一般人の声を入手するんでしょうね。

ってか、会ったこともない人間の声をどうやってまねるんでしょうか?

 

という高いハードルがありそうなので、声使う系の事案は以下に限定されそう。

①有名人の声を使う 自分が癒される、他人を励ますなど

②友人など関係が近い人間の声を使って何かを騙す or 声紋照合とかね

 

①の有名人に関しては、子どもの誕生日に、電話越しに子どもが大好きなヒーローの声とかで「〇〇君 お誕生日 おめでとう」とかそういういい感じの使い方もありそうですね。

今も似たようなサービスはあるかもしれませんが、より簡単にできるようになるでしょう(親が苦労するかも)。

 

目覚ましとかしゃべる家電とかも今よりももっと簡単に自分の好きな声を選択できるようになりそうで、色々と楽しくなりそうです。

 

反対に①にも②にも共通するんですが、犯罪系に使われる場合。

声を自由に変えられたところで、一度も会ったことない人間の家族を騙すのは不可能でしょう。

その人間の声を正確に真似しないといけない訳ですが、赤の他人がどんな声をしているかなんてわかりようがありません。

但し、会ったことのあるある程度関係が近い人間だったら別。

知り合いだけど、全然仲が良くなく、陥れてやろう!くらいの間柄の人間を破滅させることには、ちょっと考えたらいくらでも使えそう。

書いてて、ちょっと怖いです。

 

この技術最大の疑問として、声紋照合はどうなるんでしょうかね?

ここが犯罪に多用されるか、そこまででもないかの分かれ目です。

仮に、声紋が真似した人間そのものになるのであれば、もう犯罪目白押しです。

どうしようもないです。

声だけだとやれることは少なそうですが、そんなことはないです。

あんなことやこんなことまで…

 

うー、ぶるぶる。

考えただけで怖くなります。

 

自立型のAIができて、見た目は人間を再現出来て、声まで自由自在…

ロボットが配偶者、なんて時代ももうすぐきそうですね。

 

こわやこわや。