読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

ふとももが気になる人は、男女問わず「ふともも写真展」へ行け!

雑感

どんもっす。

 

写真家・ゆりあさんの「ふともも写真展」👇

ふともも写真の世界展

終わっちゃいました…。

行きたかったんですけどねー。

ちょっと東京まで行くのは遠すぎた…。

 

行ってはないんですが、宣伝用の画像からその素晴らしさが伝わってきます!!

参考画像はこちら👇

ふともも写真展 - Google 検索

写真集買おうかな。

 

何が凄いって、男性の嗜好も女性の嗜好も両方満たせるようになっている点が素晴らしい。

この写真家・ゆりあさん、経歴など一切不明なんですが、

・友人(女)のふとももの写真を撮ったのがきっかけ

・女性限定の写真展を開こうと考えている

という記載を見つけたので、恐らくは女性と予想されます。

 

これで万が一男性だったら、羨ましいけしからんではないですか!

羨ましいけしからんではないですか!

大事なことなので二回言いました。

 

ということで、以下女性ということで勝手に話を進めます。

 

このお方、女性なのに男性視点での女性のふとももの良さを最大限に発揮した写真を撮影しています。

決してモザイクをかけないといけないような部位ではなく、単なるふともも。

下着が映っているわけでもありません。

 

単なるふともも。

 

そこにこれだけの魅力もしくはエロスを生み出せるのはもはや悪魔の所業と言っても過言ではないでしょう。

男性の方々、これらの写真を眺めていると、なんとなーくこみ上げてくる何かがありませんか?

決していかがわしいものを見ているわけでもないのに、PCの画面上で写真を眺めていると、人が傍を通っただけで慌ててブラウザを閉じないといけない、そんなドキドキとスリルを生み出してくれます。

そしてちゃんと仕事しなきゃって気にさえさせてくれます。

 

私はその道のフェチでも何でもありません。

その私でさえ、なんだかソワソワしちゃって、何が何だか分からなくなって、持て余したエネルギーをどうにかして発散しなきゃ!という焦燥感に駆られてしまうほどの破壊力がこれらの写真にはあります。

ましてや、その道のプロ(←?)であれば、舌なめずりして涎だらだら垂らして、個展に毎日足しげく通ってたりして、写真集も観賞用、保存用、実戦用(←?)と3冊買っても何らおかしい事態ではない!!

 

何を熱く語ってるんだ、俺は…

 

とまあ、女性でありながら男性の嗜好を見抜いている慧眼恐るべし!といったところです。

本人がそんなつもりで写真撮っているかどうかは知りません。

 

一方で、女性限定の写真展も開く予定だとか。

男性はともかく、女性に需要があるのかしらん?とちょっと疑問に思いました。

だって、仮に男性のふともも写真展なんて開いたところで、ほとんどの男性は見に行かないことが予想されますからね。

ということで、キーワードプランナーで「ふともも」と一緒に検索されているキーワードを調べてみました。

以下結果を一部抜粋👇

・簡単 ダイエット ふともも

・ダイエット ふともも 簡単

・ふともも 簡単 ダイエット

・ふともも 痩せる 方法

・ふともも 太い 原因

・やせたい ふともも

・ふともも やせたい

 

なるほどなるほど。

百聞は一見に如かず、百考は一調に如かず、とはこのことですな。

調べてみないと分からないことってありますね。

 

私はてっきり、

「ふともも フェチ 変態」

「ふともも 女子高生」

「ふともも 辛抱たまらん」

「ふともも むしゃぶりつく 犯罪」

「ふともも 舌なめずり」

とかこんなキーワードが調べられてるのだと思ってました。

※このブログは犯罪などを助長するものではありません、念のため。 

 

女性って相当ふとももの太さを気にしているんですね。

こんな、普段は服に隠れていて、有事の際くらいにしか太さがばれず、ばれたときには太さなんてどうでも良いシチュエーションである場合が多いような部位、男性からしたらどうでもよさそうなものなんですけどね。

 

理想的な美しいふとももという点で、女性側に相当需要が高いんでしょう。

写真展見て、

「自分も昔はあんなだった!」

とか

「ああ~、あんな美しいふともも手に入れたい~」

っていう気持ちが刺激されるんでしょう。

男性とはまた全然違った視点ですね。

ある意味では当事者というか…

 

このように、男性女性両方の嗜好を別方向から満たせる写真展ってのは中々ないです。

 

余談ですが、この「ふともも写真展」が開催される4月の「ふともも」検索数は、なんと前月の5万から一気に11万までUP!!

「ふともも」で検索するとこの「ふともも写真展」がトップに来るので、皆さん、この写真展に注目していたということでしょう。 

 

次回いつあるのかは知りませんが、関東にお住いの方は男女問わず、機会があればぜひとも足を運んでみてください。

 

私は行きそびれたので、写真集を観賞用、保存用、実戦用(←???)を買うことにします。

 

月曜日の真昼間から何を熱く語っているんだ、俺は…。