シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

ハリウッド映画人気シリーズの興行収入 全米が泣いた!は大げさ

どんもっす。

 

ハリウッド映画の人気シリーズの歴代興行成績トップ25がネット上にアップされてました?

ハリウッド映画の人気シリーズ歴代興行成績トップ25

 

面白いので、ランキング形式でご紹介したいと思います。

※興収数値は米ドルを円換

なお、興行収入は全米のみ

 

・25位「ダイバージェント」シリーズ:興収2.9億ドル(330億円)2作

・24位「ハングオーバー!」シリーズ:7億ドル(797億ドル)

・23位「マトリックス」シリーズ:9億ドル(1025億円)3作

・22位「アイス・エイジ」シリーズ:興収9.3億ドル(1059億円) 4作

・21位「メン・イン・ブラック」シリーズ:興収9.5億ドル(1082億円)3作

・20位「猿の惑星」シリーズ:11.7億ドル(1332億円)8作

・19位「トイストーリー」シリーズ:12.8億ドル(1457億円)

・18位「ミッション:インポッシブル」シリーズ:興収13.1億ドル(1492億円)5作

・17位「ワイルド・スピード」シリーズ:15億ドル(1708億円)7作

・16位「ハンガー・ゲーム」シリーズ:15.2億ドル(1731億円)4作

・15位「トワイライト」シリーズ:15.2億ドル(1731億円)

・14位「トランスフォーマー」シリーズ:15.3億ドル(約1742億円)

・13位「スーパーマン」シリーズ:16億ドル(1822億円)

・12位「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ:興収16.2億ドル(1845億円)3作

・11位「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ:16.5億ドル(1879億円)

・10位「シュレック」シリーズ:18.6億ドル(2118億円)

・9位「X-メン」シリーズ:興収19.5億ドル(約2220億円)7作

・8位「スター・トレック」シリーズ:興収20.3億ドル(2312億円)

・7位「スパイダーマン」シリーズ:興収20.5億ドル(2334億円)

・6位「ジュラシック」シリーズ:21.5億ドル(2448億円)

・5位「バットマン」シリーズ:興収28.9億ドル(3291億円)

・4位「ハリー・ポッター」シリーズ:興収30.8億ドル(3507億円)8作

 

とりあえず、4~25位までを紹介してみました。

興行収入を見た限りでは、案外少ないなぁという印象。

例えば、マトリックスシリーズは3作でおよそ1000億円。

客単価を一人500円と仮定すると、おおよそ2億人が映画館に足を運んでいることに。

3作なので、1作辺りは6600万人。

 

大体アメリカ国民の2割くらいが大ヒット映画を見ている計算。

ふむ。

なので、

全米が泣いた

とか

「全米大ヒット」

とは明らかに誇張表現だということがわかります。

10人に2人じゃねぇ。

 

ちなみに「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは3作で1800億、「ハリー・ポッター」シリーズは8作で3500億なので、1作辺りでは「ロード・オブ・ザ・リング」のほうが観客動員数は多い勘定。

意外ですね。

同じSFファンタジーで、「ロード・オブ・ザ・リング」の方が人気があったとは。

ハリー・ポッター」シリーズは8作も作ってダレちゃったのかな?

 

 

上位3シリーズは映画の簡単な紹介とともに紹介?

 

・3位「マーベル」ヒーローシリーズ:38.7億ドル(4407億円)

マーベルコミックから誕生した偉大なスーパーヒーローたちが大活躍する映画は数多く、2008年より開始された『アイアンマン』シリーズや、マーベルヒーローが大集合する『アベンジャーズ』シリーズも人気。

 

・2位「007」シリーズ:興収56.8億ドル(6469億円)

英国の作家イアン・フレミング原作、1962年よりスタートしたスパイアクション映画の金字塔『007』シリーズ。主役のエージェント、ジェームズ・ボンド役は時代ごとに違う俳優が演じ、現在は6代目にあたるダニエル・クレイグが務める。ゴージャスな車に近未来的なガジェット、ボンドガールと呼ばれるセクシーな女性が毎回登場し、世界中で愛される。

 

・1位「スター・ウォーズ」シリーズ:興収59.6億ドル(6783億円)

1977年に第1作が公開されてから、今日まで絶大な人気を誇る、宇宙を舞台としたスペースオペラをサーガの形式で描くSF映画シリーズ。ジョージ・ルーカスの構想・製作総指揮と、ルーカスフィルム社により製作されてきたが、2015年12月に10年ぶりに公開された最新作「フォースの覚醒」は初のディズニー配給作品となった。映画だけでなく、関連製品やキャラクター人気も人気。

 

1位は納得の「スター・ウォーズ」シリーズ。

もはや何作作られているのか全然わかりません。

ただ、この超人気シリーズでさえ興行収入1兆には届いてない模様。

映画って結構難しいんですね。

 

 

日本映画の歴代興行収入

日本映画の歴代興行収入トップ10がこちら?

1位:千と千尋の神隠し 304億円

2位:ハウルの動く城 196億円

3位:もののけ姫 193億円

4位:踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 173.5億円

5位:崖の上のポニョ 155億円

6位:風立ちぬ 120.2億円

7位:南極物語 110億円

8位:踊る大捜査線 THE MOVIE 101億円

9位:猫物語 98億円

10位:借りぐらしのアリエッティ 92.5億円

 

※「君の名は」はまだ興行中なので、ランキング入りしてません

 

ジブリぶっちぎり。

ジブリ圧勝。

実に、日本映画のトップ10の内、6を占めてます。

トップ3独占。

すげえな、ジブリ

 

で、千と千尋の神隠しがおよそ300億。

客一人当たりの単価を1500円とすると、およそ2000万人。

日本の全人口の1.5割くらい。

ハウルの動く城もののけ姫になると、1200万人程度。

全人口の1割低度。

超大ヒットしたジブリ映画でさえ、映画館に足を運んで見る日本人は1~1.5割程度。

結構少ないですね。

こりゃ映画館潰れる訳だわ。

 

 

とはいえ、アメリカとそう違わないことにはびっくりですね。

まあ、アメリカと日本では映画館の入場料が大幅に異なるので、単純比較はできませんが。

 

そんなアメリカと日本の比較でした。