読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャア専用ねこのブログ

鳥取の宣伝をメインに、日々の雑感や体験、出来事などをてきとうに記載

2020年に名目GDP600兆円達成は、ツチノコ見つけるより簡単だ!

どんもっす。

 

安倍首相が2020年への新しい経済政策として、アベノミクス「新三本の矢」を打ち出しました。

詳細を書いている記事はこちら👇

アベノミクス「新3本の矢」を読み解く :日本経済新聞

 

新三本の矢とは具体的には、2020年に

①希望を生み出す強い経済 GDP600兆円

②夢を紡ぐ子育て支援 出生率1.8

③安心につながる社会保障 介護離職ゼロ

 

を達成することを目標とするとのこと。

新三本の矢? じゃあ、旧三本の矢って何? って方は記事を見てください。

ちゃーんと書いてありますよ。ちゃーんとね。

 

それはさておき、新三本の矢は政策内容ではなく、単なる目標です。

ですので、おお、安倍首相はこんなに具体的に考えているのかー。

感心感心!なんて思っちゃ駄目です。

あくまで、単なる目標ですから。

 

しかし、相当大きくでましたねー。安倍首相。

私としては、①、②、③どれも同じくらいの難易度に思えますが、果たしてどの程度難易度が高いのでしょう??

 

①の2020年にGDP600兆円達成を例にとって考えてみましょう。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

GDPの説明(ここは読み飛ばしてOK  GDPの詳細はGoogle先生に聞いてください)


GDPについて簡単に説明しますと、GDPとは国内総生産という言葉の英称です。

 

・名目GDP ⇒ 単純に総金額から算出したもの

・実質GDP ⇒ 物価変動を考慮した物量から算出したもの

 

の二種類で国内の総生産額を示しています。

例えば、

2000年 100円の商品A が 10個売れた ⇒ 100×10=1000円

2001年 110円に値上がりした商品Aが 12個売れた ⇒ 110×12=1320円

 

2000年を基準として、2001年のGDP

・名目GDPはそのまま計算 ⇒ 1320/1000×100=132% 増加

・実質GDPは物価変動を考慮する つまり2000年と2001年で商品の値段が変わらなかったと仮定する=数ベースでどれだけ増えたかを見る 

⇒ 1200/1000×100=120% 増加 (1200という数字は100×12ででます)

 

となります。

つまり、経済が好調であることを言うには、名目GDP、実質GDPどちらも伸びることが望ましいです。

例えば、名目GDPが一定なのに、実質GDPが増加するということは、

名目GDP=商品の数 × 金額 =一定

実質GDP=商品の数 =増加

を示しており、売れている物の数は増えているのに総額一定、つまり、「デフレ」が起きていることを示唆しているからです。

 

残りはGoogle先生にお任せします。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

2020年にGDP600兆円とはどの程度難易度が高いのか?

政府は名目GDPベースで2020年に600兆円を掲げました。

では、過去30年で日本はどの程度GDPが変動しているのでしょう?

 

下の表を見てください。

これは、日本の1980年からの名目GDPの値です。

二つのステージに分かれているのが見て取れます。

・1980~1992年 増加   高度経済成長期

・1992~2014年 ほぼ一定 失われた20年

ですね。

 

1992年以降は大体500±10兆円くらいで推移してます。

2009年で、ガクッと落ちているのはご存知、リーマンショックのせいです。

あいつめ!!

 

続いて、実質GDPを見てみましょう。

こちらは一貫して増加。

 

つまり、1992年以降名目GDPはほとんど変わらないのに、実質GDPはどんどん増加していることに。

1992年以降感覚としてデフレが始まっているような感じですが、統計上もあながち間違ってはなさそうです。

 

どうですかね。

2020年に名目GDP600兆円達成………

 

無理じゃない?

 

この20年間、どうあがいても上昇しなかった名目GDP

残りのたった5年間で、1.2倍、年ベースで20兆円上げないと駄目です。

 

しかも、もう日本は人口減少に向かっています。

消費や財は減るしかないんです。

人口が減るとGDPは落ちる、これは仕方のないことです。

一般的に考えて、同じ経済レベルである100人の集団よりも80人の集団のほうがお金を使う総額が多いはずがありません。

 

つまり、人口が減る中で一般の消費の額と物量を増やす必要がある。

 

どうやって?

 

実は、新三本の矢、①、②、③とも密接につながりがあります。

どれか一つを解決できるのであれば、残りも解決可能です。

そこに気づくとは、さすがは安倍首相

↑んなもん、褒めてどーする!!

 

冗談はさておき、①、②、③とも同じくらいの難易度です。

果たして、達成できるのでしょうか?

 

具体案は?

 

ちなみに、私は楽観的です。

なぜか?

 

日本のその辺の地面掘ったら、油田が見つかるかも知れません。

日本どこかの山奥からダイヤモンドや金の鉱脈が見つかるかも知れません。

 

 そう、

ツチノコ見つけるより、断然簡単だからです!!

 

だって、そうでしょ?

ツチノコは地球上に存在しません(いたらゴメンね)が、油田や鉱脈は地球上にいくらでも存在します。

日本のその辺の地面から油が噴き出してもおかしくない。

 

さあ、皆さんも本日から600兆円達成のために、穴掘りレッツトライ!!

 

アホなこと言ってないで、現実的な解を考えろって?

「新三本の矢」はそれくらい難易度が高いってことです。

 

なお、本当に現実的な解は「移民大量受け入れ」

です。

多分、これ以外の解はないでしょう。

 

他に解を思いつく方がいらっしゃれば、ぜひとも教えてください。

 

 

なお、旧三本の矢についての記事はこちらを参照👇 

syaa-sennnyou-neko.hatenablog.com